ブランクがある場合の介護職への復職について

 ブランクを抱えた介護職従事者が復職をしたいと考える時、就職が困難になってしまうのではないかと不安に感じることがあるかもしれません。しかし、介護職の場合、ブランクがあっても復職は可能です。

 介護は人の命を預かる仕事になるため、最低限の知識は必要になりますが、特別な能力がなくても働くことができます。そのため、介護業界では未経験であっても積極的に採用を行っているのです。なぜなら、働きながら知識や技術を身に付けていくことができるからだと言われています。しかも、介護業界では人手不足が深刻な問題になっているので、むしろ、1度介護の仕事を経験した人は優遇されるでしょう。

 知識や技術を持っていたり、経験がある人は即戦力になります。また、経験があれば、介護業界での転職もしやすく、長く働くことができます。もし、それでも復職に心配がある場合には、休職期間中に資格を取得することをおすすめします。介護職に必要な資格を取得すれば、知識や技術を新たに身に付けることができます。それによって、就職活動の際にアピールをすることができますし、仕事への自信にもつながるのではないでしょうか?

 介護の仕事は、40代や50代の人も多く活躍しているため、他の職業よりも年齢を気にせず働くことができる点も魅力です。ブランクがあるからといって、介護の仕事を諦める必要はありません。むしろ、経験があるという強みがあるので、積極的に復職を考えた方が良いでしょう。介護の仕事は今後ますます需要が増えていくので、復職をするにはおすすめの業界です。

ブランクがある場合の復職の仕方(介護職編)

 介護職で働いてきた経験が十分にある人でも、一度離職してブランクを作ってしまうと復職するのが心配になりがちです。一年程度であればそれほど気にならなくても、育児などで数年のブランクができると現場での勝手が変わってしまい、新しいことを覚えなければならなくなることがあります。そこで、復職に悩んだときには良い方法が2つあるのでご紹介します。

1つは以前と同じ仕事ができる職場を探して、パートで働き始めてみるという方法です。まずは現場に慣れるために、短時間の勤務で様子をみるようにし、もし合わないと感じたら他の仕事を探そうという気持ちを持つのが良いでしょう。ブランクOKの採用は、パートでは頻繁に行われているため、職場をゆっくりと吟味して介護職として返り咲きできる職場を見つけ出すことができるのではないでしょうか?

 もう1つの方法は訪問介護の仕事を選ぶというものです。訪問介護の需要は高まる一方であり、人材が重宝されていて仕事を獲得しやすくなっています。しかし、1人で仕事をしなければならない場合が多いため、老人ホームなどの施設で働いてきた人は、すぐに仕事に馴染めないこともあります。しかし、訪問介護の事業所では、それを前提に置いて研修を行っているところも多いので、やる気があれば十分に活躍できるはずです。以前、介護職で働いてきた勘を取り戻すためには十分な研修を受けられるため、不安を解消して復職を果たすことも可能でしょう。

 人材不足が叫ばれる介護職は、常勤でもパートでも募集があるため、自分に合った働き方を選んで、無理なく復職を叶えましょう。