ブランクがある場合の介護職への復職について

 ブランクを抱えた介護職従事者が復職をしたいと考える時、就職が困難になってしまうのではないかと不安に感じることがあるかもしれません。しかし、介護職の場合、ブランクがあっても復職は可能です。

 介護は人の命を預かる仕事になるため、最低限の知識は必要になりますが、特別な能力がなくても働くことができます。そのため、介護業界では未経験であっても積極的に採用を行っているのです。なぜなら、働きながら知識や技術を身に付けていくことができるからだと言われています。しかも、介護業界では人手不足が深刻な問題になっているので、むしろ、1度介護の仕事を経験した人は優遇されるでしょう。

 知識や技術を持っていたり、経験がある人は即戦力になります。また、経験があれば、介護業界での転職もしやすく、長く働くことができます。もし、それでも復職に心配がある場合には、休職期間中に資格を取得することをおすすめします。介護職に必要な資格を取得すれば、知識や技術を新たに身に付けることができます。それによって、就職活動の際にアピールをすることができますし、仕事への自信にもつながるのではないでしょうか?

 介護の仕事は、40代や50代の人も多く活躍しているため、他の職業よりも年齢を気にせず働くことができる点も魅力です。ブランクがあるからといって、介護の仕事を諦める必要はありません。むしろ、経験があるという強みがあるので、積極的に復職を考えた方が良いでしょう。介護の仕事は今後ますます需要が増えていくので、復職をするにはおすすめの業界です。

スムーズに介護職に復職するコツ。

妊娠出産、病気など、避けられない理由で仕事から離れてしまう期間というものは誰にでもあります。一度仕事から離れてしまいブランクが生じると、たとえ働けるようになっても再び仕事に戻ることが難しいものですが、介護職であれば人手不足が続いていることもあり、比較的復職がしやすいと言われています。

以前の職場に戻れることもありますし、他の施設などでも求人を出していることが多いので、条件に併せて職場を選べます。しかし、休業前のように働くことができるかどうかは疑問です。ブランク明けは以前のようにテキパキと働けないこともあるので、事前に介護職への復帰に備えた準備を始めていきましょう。

まず、介護職は体力が必要になることを考えて、体力作りを行っておきましょう。特に出産や病気を経た場合は体力が落ちていることもあります。日常生活で体を動かすことに加え、筋力トレーニング等もやっておくとよいでしょう。安全に介護するためにはこうした準備も必要なのです。また、以前の職場など知っているところに戻る場合は、休業中もたまに顔を出したり、現在働いているスタッフと連絡を取ってみたりするという事も大切です。介護はチームワークで行う事も多いので、今いるスタッフとの連携がスムーズにできるようにしておくべきです。

また、どのような利用者がいるかによってケアの仕方も変わってきますから、新たな職場に移る場合は、事前に職場見学などを行い、傾向を掴んでおくと、復職したときに役立ちます。ブランクを乗り越え介護現場に復帰する際は、事前の準備がポイントです。