離職期間があっても、介護業務は体が覚えている

 都合により仕事を離れていた人も、介護職ならスムーズに仕事への復帰ができるでしょう。しかし仕事にブランクがあると、どうしても不安になりやすいと言われています。以前は意識せず自然とこなせていた仕事も、空白があるとノウハウを忘れているのではないかという心配があるのではないでしょうか?

 しかし、それでも多くの場合は、復帰してまもなく介護の仕事に順応できるそうです。これは、介護職が体をよく動かす仕事であることが関連しています。体で記憶した事は、たとえ何年経っていたとしても体が覚えているものです。いざ現場に立ってみると、頭で考えるよりも先に自然と体が動き出すことも珍しくないはずです。

 このように、介護職の経験があると、考えているよりもスムーズに仕事への順応ができるのです。そのため、多少のブランクがあったとしても、心配する必要はないでしょう。すでにブランクを持つ多くの介護職経験者が、職場復帰を果たしています。こうした復帰者が増えるのは、介護業界としても喜ばしいことなのです。離職者が多い介護の現場では、どうしても熟練の介護スタッフが育ちにくいからです。そこで、空白があっても介護の経験がある人材が再び業界に帰って来るのは、現場にとってはありがたいことなのです。

 現役のスタッフも、ブランクを持つ人たちから学ぶべき点はあり、互いに刺激し合える関係を築くことで、チームワークも良くなるのではないでしょうか。これまで空白があったために、介護の仕事への挑戦を躊躇してきた人も、ぜひ勇気を出して復職を考えてほしいものです。